塾講師カミノの受験戦略

受験嫌いな塾講師が受験情報を提供!

漢字学習のたった一つのコツと(小学生への)おススメ問題集【塾講師】

はじめに

漢字テストでつまずいている、

一生懸命漢字の練習をしているのに全く成績が伸びない。

そんな生徒が多いと思います。

 

ですがそれは悲観することではありません。

なぜならそれは皆さんのせいではないからです。

漢字学習でつまずくのはただ単に学習の仕方が悪いだけ。

正しい学習方法を知れば、誰でも簡単に克服できることなのです。

 

おそらく学校で漢字学習をするとき、こう教わると思います。

きちんと毎日漢字を書く練習をしよう、

そしてできなかった漢字は10回ずつノートに書こう。

そうすればできるようになるはず・・・。

と聞かされているのではないでしょうか。

 

ですが実際にこの通りに勉強したらほぼ間違いなく失敗すると思います。

どこがダメかお分かりになるでしょうか?

そのあたりの詳しい話をこれからしていこうと思います。

 

 

漢字学習のたった一つのコツ

それはズバリ、鉛筆とノートを使わずに指で書いて練習するというものです。

 

よく学校の先生などが『間違えた漢字はノートに10回書いて練習しましょう』と言いますよね。

あれは半分正しいのです。

間違えた漢字を何度も反復して練習することで覚えられるようになります。

ですがノートに(鉛筆で)書くというのはあまりよろしくありません。

 

理由は大きく分けて二つ

 1、手が疲れる

 2、よくないクセがつきやすい

の二つです。

 

一つ目の手が疲れるというもの。

これはこちらの記事で英語学習の方法で書いたとおりです。

kamino-clover.hatenablog.com

大人・子ども関係なく、『手が痛くなる』は勉強が嫌な理由の一つです。

鉛筆もって紙に書き込む。

これって案外力を使うものなのです。

それが筋肉痛に似た感覚を生み、それが長い時間続くことによってだんだん嫌になっていくものなのです。

ですがそれは紙に(鉛筆で)書くことによって生じるもの。

指でなぞるように書けば疲れることはありません。

これなら何十回続いたとしても苦にならずに続けることができるのです。

勉強嫌いの根源を一つ減らすことができる。

これは勉強の習慣を身につけるうえでとても大きな進歩と言えます。

 

次に二つ目の『よくないクセがつきやすい』というもの。

これこそが漢字学習が進歩しにくい根本的な原因です。

例えば『仲間』があります。

これを間違えたので『ノートに10回書きなさい』と指示されたとします。

すると『仲、仲、仲・・・』と同じ漢字を10回書き、

次に『間、間、間・・・』と10回書くのです。

練習する側からしたら、こう書いたほうがラクに感じるのです。

ですがこの方法だと、『間』を書いているうちに『仲』の書き方を忘れてしまうといった負の側面があまりに強すぎます。

学校などではきちんと学習したか、してないかをチェックできるように紙に(鉛筆で)書くことを要求します。

ですがそのためのシステムがこうして裏目に出てしまう。

紙に(鉛筆で)書くという形式にとらわれてしまうからこうなってしまうのです。

先ほども申したように勉強する側からしたら紙に(鉛筆で)書くというのは手が痛くなる行為です。

だから少しでも楽をし、少しでも早く終わらせようとしてこのような弊害が生まれるのです。

ですが指でなぞるという方法なら、手が疲れないですし、『仲間』とまとめて書くのも大して苦になりません。

自然と『仲間』とまとめて書く習慣が身につきやすくなります。

こうして正しい学習方法で反復練習する習慣をつければ、自然と成績が伸びるようになるはずです。

 

注意点

さて、ここで一つ注意があります。

それはきちんとできているかをチェックすることです。

先ほど申したように、指でなぞるように書くというのはとても大切なことです。

ですが一通り反復練習が終わったら、もう一度漢字の問題を解き直しましょう。

その際は指ではなく、きちんと紙に(鉛筆で)書いて確認しましょう。

そして再び自己採点をし、間違えたところは10回指で書いて練習します。

これをひたすら繰り返し、一問もミスなくできるようになったら終了しましょう。

これを習慣的に(できれば毎日)続ければ漢字テストでもうまくいくはずです。

 

おススメの問題集

私がおススメしている問題集は『30日で完成 基本トレーニング漢字』という受験研究社が出版されている問題集です。

この問題集の長所はズバリ、コンパクトさです。

一日2ページほどの内容で、30日で一周できる内容となっています。

ちまたにもたくさん漢字の問題集はありますが、分厚くて勉強する側のやる気を削ぐ内容のものが多いんですよね。

もちろん少なすぎるのもよくないですが、この問題集は多すぎず少なすぎないちょうどいい量になっているなという印象です。

小学生向けの漢字集ですが、大人の学び直しにはこのレベルが最適だと思います。

小学生レベルというと、侮辱されているように思うかもしれませんが決してそんなことはありません。

試しに問題を見てみてください。

案外思い浮かばない感じがたくさん出てくると思いますよ。

もちろん学校の漢字ドリルを使うのも有効ですが、他に漢字の問題集が必要だと感じた際にはこちらを購入されてみてもいいのではないかと思います。

以下購入ページになります。

自分に適切だと感じたものを購入して下さい。

よくわからない場合はとりあえず4年生向けのものから初めて見ることをおススメします。

1年生向け

2年生向け

3年生向け

4年生向け

5年生向け

6年生向け

中学入試向け